電報に関する情報が満載!

結婚式に電報を送ろう

親しいお友達や同僚の結婚式、「出席は出来ないけれどおめでとうの気持ちは伝えたい」ということ、ありますよね。
そんな時には電報が便利です。
なかでも近年ではメッセージ+αが贈れる電報が人気になっています。
ぬいぐるみ付き電報は定番中の定番ですが、最近では大きなバルーンや素敵なアレンジメントのプリザーブドフラワー付きのものも多くなりました。
いずれも式場で受付などに飾って花を添えることができますし、また思い出の品として残せるものなら新郎新婦へのプレゼントにもなります。
送る際に気を付けたいことは、確実に式の前に届くように手配することです。
結婚式直前の新郎新婦は多忙なので式場に直接届けても良いですが、その際には式の日取りや時間、新郎新婦の名前を明記し、取り違えのないようにしてください。
会場スタッフに確認しておくと確実です。
文章の内容はテンプレートから選ぶこともできますが、せっかくの機会なのでオリジナリティのある温かいメッセージを考えてみてはいかがでしょうか。
「別れる」「終わる」などの忌み言葉を避けると同時に、祝電披露の際に読み上げられても問題のない内容にしましょう。

結婚式の電報のトレンドについて

結婚式に出席することができない場合には、電報を送ることで、新郎新婦に祝福の気持ちを伝えたいものです。
最近では、電報にも様々な種類があり、送る側としては、どの台紙を選べば新郎新婦に喜ばれるのかと悩む程です。
例えば、プリザーブドフラワーや押し花の電報は、生花を加工してあるので、結婚式の後も新郎新婦が新居に飾って楽しむことができます。
また、キャラクターのぬいぐるみにメッセージを添えることも人気があります。
さらに、一般的なものとしては、おしゃれな台紙に祝福のメッセージを添えたものです。
こちらは以前から利用されている最もスタンダードなものですが、お祝いの気持ちがダイレクトに伝わり、心に響きます。
祝電は新郎新婦へのサプライズでもあります。
即日配達も可能ですし、日本全国どこでも送ることができます。
価格帯もリーズナブルなので、グループでも気兼ねなく利用することができます。
多くの人にぜひとも気軽に利用して欲しいサービスです。